string(4) "2017" string(54) "クラシックギター コンサート 名古屋"

ペトリット・チェク到着!


お知らせ 

皆様こんにちは、毎度おなじみ生田Pです。
先ほど18時間のフライトを終え、名古屋駅に到着したペトリットを迎えに行きました!名古屋で拾ってからすぐさまタクシーで移動し、ホテルへチェックイン!!

と思ったのですがチェックインまでやや時間があったので急遽インタビュー!

即席インタビュー!!

チェクwithチェク


生田P(以下P)「やあペトリット!名古屋へようこそ!」(ミッキーマウスか。)


ペトリット(以下P…ダメだ!かぶる!チェクのCで)「ハロー(ふわっ)」


あれ・・・なんだ?この感じ。
この只者じゃないふんわり感。めっちゃエアリー。なんか良い匂いするし、めちゃ背高いし、カッコイイ。だいたい帽子似合う人はカッコいいよね。

P「本当に今回名古屋に呼ぶことができて嬉しいよ。ずっとファンだったから。NAXOSのCDはよく聞いてたよ!ところで足のサイズはいくつ?


C「こちらこそ、初めてこうして日本に来ることができて光栄だよ。足は29.5センチ


P「さて、今回日本に来たところで質問だけど、日本に対するイメージとかあるかな?」

C「日本のことはよく知ってるよ、良い音楽家も作曲家もいるね。クラシック音楽だけじゃなく様々な芸術の分野でも日本は昔からハイレベルでそれは世界全体の芸術に多大な影響を与えているよね。日本人の感性というか神秘性のようなものは音楽を通じて自然と共感してる。ような感じかな」

P「なるほどね。(なんと深い答え。。)ところで嫌いな食べ物とかある?」


C「スイカかな。」

P「そういえばペトリットはコソボ/クロアチアって書いてあるけど同じ国出身のギタリストとか仲の良いギタリストっているかな?」

C「いっぱいいるよ!有名なのはアナ・ヴィドヴィッチ、ゾーラン・デュキッチ、。あとバルエコに習いたくて留学したアメリカのピーボディ音楽院ではメン・スーも一緒に勉強してたね。ギタリストはみんな仲良いかな。いい仲間に恵まれてるね。」

P「すごいね!ところでなんでポカリ飲んでるの?」

C「ハハ、水だと思って買っちゃったんだよ。でも美味しい。甘じょっぱい水って不思議な感じ。」

P「だいぶ濁ってるやんw。日本には透明のコーラもあるから気をつけてね。」

C「透明のスイカドリンクに出会わないように気をつけるよ」


P「じゃあ練習問題!どれが水でしょうか?」

問1.次の中から水を選びなさい。

難問です。



C「OH…」



P「正解はこちらです。特に右下から2番目気をつけてw」


正解は?

下から2番目はヨーグルト味。。

穴が三つ?特殊なギター。

P「あ、そうだ。ちょっとギター見せてもらっても良いかな?イケナイところに穴空いてるよね?フフ」

C「どうやって知ったんだい?あ、Youtube??フフフ」

穴の空いたギターとは?


「ガチャ!」

P「おお、すごいね!年季入ってるね。」(めっちゃ練習したか、野外ライブでもしたか、、両方か。。)

C「フフ、そしてこれが穴だよ。

そんなところに!?

P「ホンマやーーーーーーー!!これなんで空いてるの?」


C「うーん、よくは知らないんだ。でも音良いから好きなんだ(ニコリ)」

P「なんかあれみたいだよね、カブトムシ。でもこの木の感じは良い音しそう。」


C「HAHAHA!確かに!」


P「ちょっと回転させて良い? ほら、こうすると、、」

P「”ちょっと困り気味の人”っぽいよね。」

P・C「HAHAHAHAHAHAHAHA!!!」

P「それにしてもサウンドホールに加えて横にも穴が二つ。ますます本番が楽しみだよ!」

C「そうだね!天気も良いし最高だね。そうだ、お腹が空いたんだけど何か簡単な、、ファストフード的なお店はこの辺りにあるかい?」

そして生田Pは必死で悩んだ。

番外編.次の中から最も適切な店を選べ。
すき家(徒歩5分)
松屋(徒歩3分)
吉野家(徒歩2分)



「うーん、、、あ!!あった!」

「そこならうどんも食べられるし、カツ丼とか日本人がよく食べる一般的なものがなんでもあるよ!」




かくして徒歩20秒のなか卯の存在を思い出したのでお店へ連れて行きその後一旦解散しました。


そういえばあのガブリエル・ビアンコなか卯に連れて行った覚えがありますねwみんな大好きなか卯。ちょっと影が薄いけど実は美味しい。
生田Pはなか卯を応援します。

ペトリットの雰囲気からわかること


なんだか会って1、2時間ですけどとても落ち着いています。なんというか余裕がある。あと思いやりのある優しい人柄が見えてきました。
これは間違いなく本番でグワッと豹変するタイプですね。
生田Pは様々なギタリストを見てきたので実演聞かなくてもなんとなくわかるんです。もちろんめっちゃ聞きたいし、それはもうすぐ叶う夢なのですが。
もっと皆さんにこのギタリスト、ペトリット・チェクを知ってほしいです。

凄いギタリストの誕生の予感です。

名古屋公演は11/29(金)18:45開演です!
平日昼ではみなさんが聴きに来れるわけではない。だからこそ、仕事終わってからでも間に合うし、翌日は学校ないから学生も来れるし、家族の人もたまには夜はコンサートに出かけてみるのもありだし、とか実はそんなことを色々思ってこのコンサートの時間を夜にしてもらいました。

金曜の夜は毎週やってきます。しかし彼の日本デビューはもう2日後に迫った金曜日。ただ一回限りです。人それぞれ家や仕事でやらなきゃいけないこともあると思うし、事情もあるから来れない時もあるかもしれない。でも、もしその予定が今週でなくても良いなら、是非コンサートに足を運んでみてください。
彼の音楽は人生のあり方も変えてくれる力がある。そんな予感がします。

コンサートの予約・プログラムなどの詳細はこちら
https://munetsuguhall.com/performance/general/entry-1624.html

みんなにシェアする

Ticket


チケット

チケット情報

2019年8月3日(土) 昼夜2公演

公演開演開場一般学生チャリティシート
第1部14:00(13:30)2,500円1,500円2,750円
第2部18:00(17:30)3,000円1,800円3,300円
昼夜セット券
5,000円
※学生及びチャリティシートのセット券はございません。
※学生及びチャリティシートのセット券はございません。

●各自由席。 ●チャリティーシート…A・B席中央23列限定の指定席。
●本公演はハーフ60の設定を行いません。 ●各部休憩を含む上演2時間程度の予定。

チケット発売日
5月19日(日) 10:00より

チケット販売

Access


アクセス

宗次ホール 〒460-0008 名古屋市中区栄4丁目5番14号
交通アクセス:地下鉄 栄駅12番出口より徒歩4分
名古屋駅よりタクシーで約20分(料金:約1,200円)